FX

2020年6月5週目~7月1週目、為替FXの考察

6月5週目~7月1週目のFXの考察をしていきます。

ドル円USD/JPYの考察

ドル円週足

ドル円の週足、三角持合いの下限割るかと思いましたが底固かったですね。買い支えが凄いです。ここを割らないとなれば持合い上限まで上がるかな?といったところですが、明確な反転サインがでてないですが、今はショートよりもロングの方が期待値は高めです。

ドル円日足

日足は白丸の部分が戻り高値になるので、まだそこを超えていないということは日足レベルでは目線は下です。ただ、底値を切り上げてきて三角持合い下限も割れずに包み足(抱き線)を作って反発した状況を見ると、ここからはロングを狙いたくなります。

RCIは短期線は反発、中期線は横ばい、長期線は横ばいから上向きになりつつあるので、ロング優勢といったところです。

ドル円4時間足

ドル円4時間足は白丸部分が戻り高値になります。戻り高値を超えているので、ダウ理論的には一旦上目線ですね。今は青のラインで押さえられています。

ドル円1時間足

ドル円1時間足は白丸の戻り高値を超えているので一旦は上目線です。綺麗な右肩上がりの逆三尊でもありますので、月曜日からはロングを拾っていく形になりそうです。106.8付近で拾えてる人は青のラインで半分利確、残りは黄色丸までは引っ張りましょう。

豪ドル円AUD/JPYの考察

豪ドル円週足

オジ円週足。今週はくそレンジでまったく動かなかったですね。RCIは上昇の余地がありますが、短期線が折れ始めたので来週は下落の期待値が高そうです。

豪ドル円日足

オジ円の日足です。上は緑のラインがレジスタンス。下はフィボ23.6%、200SMA、黒のトレンドラインがサポート。来週はどちらかに抜けそうですね。

RCIは短期線と中期線がもうすぐ交わります。ゴールデンクロスになるのか、そのまま短期線が折られるのか。今は方向感がなくパワーを溜めているレンジなので、ガチャガチャせずに抜けた方がについていく感じが良さそうです。

TL見てても下目線が多いので、上に抜けてショートのロスカットを巻き込んでから下げてほしい所。

豪ドル円4時間足

オジ円4時間足は三角持合いを形成していますね。高値は切り下がってきて安値は切り上がっている。上昇ペナントですね。セオリー通りにいけば上に抜けることが多い形です。

ペナント上限に4回トライ(白丸)して跳ね返され、次が5回目の挑戦です。いいかげん上に抜けそうですね。かといってここからロングはまだはいれないので、しっかりと根拠のあるタイミングでエントリーしたいところです。

豪ドル円1時間足

オジ円1時間足です。赤丸は最後の下落の戻り高値です。ダウ理論ではこの高値を超えているので1時間足レベルでは上目線です。

そして、白丸を見てもらうとわかりますが、100SMAが効いています。ペナント上抜けをして、100SMAの反発を確認できたらロングをいれていきたいところです。

もちろん下抜けする可能性もあるため、下に抜けることも想定して立ち回る必要があります。

豪ドルドルAUD/USDの考察

豪ドルドル週足

オジドル週足です。落ちそうでなかなか落ちないですね。12月の戻り高値を超えていないので、まだ明確に上ってわけではないですが、ショートを溜め込んで上に抜ける感じがします。下位足を見て判断していきます。

豪ドルドル(オジドル)日足

オジドル日足もレンジでまだ方向感がない感じです。RCIは短期線と中期線が交わるところ。ゴールデンクロスして上に跳ねるか、中期線に折られて下落していくか。

豪ドルドル(オジドル)4時間足

オジドル4時間足です。オジ円同様に綺麗な上昇ペナントです。セオリー通りに行くならば上ですね。ただ、上値も重いので、このまま下に割って下落パターンもあり得ます。割った方についていく形になりそうです。

豪ドルドル(オジドル)1時間足

オジドル1時間足です。どちらかに割るまではレンジで細かく利益を積み重ねていく方がよさそうです。このペナント内にいる間は順張りで持ちたくないですね。

ユーロ円EUR/JPYの考察

ユーロ円週足

ユーロ円週足です。白丸の戻り高値を超えているのでまだ上目線です。だいぶ戻したので押し目買いを狙っていきたいですね。

RCIもまだ上昇の余地はあります。下位足でエントリーポイントを探してロングを拾っていきたい。

ユーロ円日足

ユーロ円日足です。フィボ50%、白のトレンドラインロールリバーサル、包み足、200SMAとロングする根拠がたくさんあります。RCIも短期線が反発しているので、日足レベルではロングを狙っていきたいかなといったところ。

ユーロ円4時間足

ユーロ円4時間足。白丸の戻り高値を超えない限り明確に上とは言い切れませんが、200SMAと黒のラインが意識されています。ここを割ってくるのであれば下目線にはなりますが、現時点ではまだロングを狙っていきたいかなといったところ。

短期足を見て根拠のある場所でエントリーしていきます。

ユーロ円1時間足

ユーロ円1時間足です。100SMA(黄色)と200SMA(赤色)がめちゃくちゃ意識されていますね。1時間足レベルでの戻り高値は黄色丸になるので、ここを超えているので1時間足では上目線です。

100SMAと200SMAもゴールデンクロスしているので、黒のラインを上抜けしてレジサポ転換確認してロング拾っていく感じになりそうです。

ユーロドルEUR/USDの考察

ユーロドル週足

ユーロドルの週足です。綺麗な三尊形成中ですね。理想は赤枠付近まで上がってからショートですが、200SMAが邪魔して今にも落ちそうです。三尊決まればかなり下落すると思います。

このまま落ちる可能性もあるので、大きい値幅を狙うために今から軽くショートを積んでいくのもありですが、レバと維持率はかなり気を付けないと担がれます。

ユーロドル日足

ユーロドルの日足です。日足はどっちつかずの状態。やはり理想は白丸付近でのショートですね。フィボも重なっているのでショートする根拠が複数あります。

上値が重いのでこのまま落ちていくことも考えられるので、短期足を見て動いた方についていく感じでしょうか。

ユーロドル4時間足

ユーロドルの4時間足です。上昇ペナントですね。4時間足だと白丸が戻り高値になるので、ここを明確に超えていくまではどちらに転んでもおかしくないです。一応目線は上ですが、200SMA(赤線)が意識されていてここまでは押すかもしれないので、安易なロングだけはやめましょう。

ユーロドル1時間足

ユーロドル1時間足です。三尊形成してるようにも見えますね。1時間足だとやや目線はしたです。100SMA(黄色線)、200SMA(赤線)どちらも意識されているので、ロングするならSMAのロールリバーサルを狙っていきたいですね。ショートは白のライン(下限)を割ったらです。

もう少しもみ合ってから動きそうなので、どちらに動くかチェックしといたいところ。

関連記事

  1. 2020年3月20日為替FXの考察

  2. 2020年7月3週目、為替FXの考察

  3. 2020年7月2週目、為替FXの考察

  4. 2020年6月3週目、為替FXの考察

  5. 2019年11月4日為替FXの考察

  6. 2020年6月4週目、為替FXの考察

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP