FX

チャネルラインのエントリーと利確のポイント!正しいチャネルが引ければ値幅も分かる!

FXや仮想通貨、先物や株など、チャートがあるものすべてに有効なチャネルラインですが、正しく引けていないとエントリーや利確がうまくいかず、場合によっては損失を被ります。チャネルラインはトレードを行う上では基礎中の基礎だと思っているのですが、意外と使っていない人も多かったので、今回の記事では、チャネルラインの正しい引き方、エントリーと利確のポイント、ブレイク後の値幅の取り方を解説します。

チャネルラインとは?

チャネルラインとは2本の平行したラインのことです。基本的にはこの2本の平行したラインのチャネル内でN字を作りながらトレンドが進みます。

チャネルはトレンドの方向性やトレンドの強さ(角度)、反発ポイントの見極めやブレイク後の値幅なども把握できるので、チャートをパッと見て、「あ、チャネルできてるな」という感じでチャネルラインが引けるようになると、トレード技術は間違いなく上がります。

下の写真のように、まずは右肩上がりで上昇しているチャネルはチャネルアップ、右肩下がりで下降しているチャネルはチャネルダウンと言い、チャネルアップかチャネルダウンかでトレンドの大まかな方向性を把握します。

チャネルラインの正しい引き方

チャネルラインの引き方ですが、僕は最低でも二点以上(できれば3点)の反発している所の安値と安値、高値と高値を結んで線を引きます。僕は極力ヒゲ同士で線を引きますが、ローソク足の実体が意識されていることもあるので、微妙にずらしながら綺麗に平行に引ける場所を見つけてください。

たまに、たくさんラインを書いててお絵かき状態になっている人がいるのですが、トレードが上手い人はラインの引き方が綺麗でとても見やすく、逆に負けているトレーダーのラインの引き方は汚くて見にくい場合が多いです。いかにシンプルに見やすく引けるかというのを意識するといいかもしれません。

チャネル内の中にもチャネルは存在するので、まずは長期足(日足・4時間足)でラインを引いて、短期足(1時間足や15分足)でもチャネルラインが引けるか確認をします。

「長期足ではチャネルダウンで下降トレンドだけど、短期足だとチャネルアップなので上昇トレンド」といくのはよくあることなので、今どのラインが意識されていて上昇トレンドなのか?下降トレンドなのか?というのは常に把握しておいた方が負けない立ち回りはできると思います。

チャネルラインでのエントリーのポイント

まずはエントリーのポイントですが、ざっくり言うとライン上で反発したら「逆張り」でエントリー、ラインをブレイクしたらその方向に「順張り」でエントリーです。逆張り時の注意点は、しっかりと反発したのを確認しないと、そのままラインをぶち抜いてブレイクしてしまうこともあるので、反発を確認してから逆張りエントリーしましょう。

ラインをブレイクした後の順張り時の注意点は、ラインは抜けたけどヒゲを作って戻ってきたり、短期足ではラインを抜けたけど長期足ではヒゲを作って戻ってくることが多々あるので、ラインをブレイクしてそのラインが今度はサポートやレジスタンスとして機能したのを短期足だけではなく長期足でも確認してから順張りでエントリーするのが負けないコツです。

下の画像は長期足でチャネルラインが引けてラインで上手く反発していますが、白丸の部分は下髭でラインを超えています。

下の画像は上の画像を短期足で表示したものですが、ラインを実体で割っていますよね。「ラインを割ってブレイクしたからショート!」と思ってここでショートをした人はその後損切りすることになります。ここで重要なのは、「ラインを割ったからショートorロング!」ではなく、「長期足でも騙しかどうかの確認は必要」ということです。頭としっぽを取りに行くのではなく、頭としっぽは捨てて負けないトレードを身につけましょう。

チャネルラインでの利確のポイント

下降チャネルの場合、基本的にはチャネル下限が利確ポイントになるのですが、ただ反発しただけではなく、ローソク足を見て反発するかの確認がおすすめです。ロウソク足には反転シグナルがあるので、丸暗記して覚えておくとエントリーや利確がうまくなります。

下の画像はエントリーと利確の場所を解説しました。白丸がエントリーポイント、黄丸が利確ポイントです。

このローソク足がでたらエントリーor利確するという感じで、ある程度未来を予想してトレードすると狼狽することがなくなって、負けることも少なくなります。

チャネルブレイク後の値幅の見極め方

チャネル内での利確のポイントは分かり易いですが、チャネルブレイク後の利確ポイントが分からないという人は多いと思いますが、ブレイク後の値幅はだいたいチャネルの倍になります。

上の画像を見ると分かりますが、綺麗にチャネルの倍の値幅でピッタリ止まって反発しています。すべてが倍の値幅になるということではないのですが、こうなる傾向が比較的多いので一つの利確ポイントとして覚えておいて損はないと思います。

まとめ

チャネルラインでのトレードは基本中の基本なので、まずは長期足から短期足のチャートをみて、綺麗にチャネルが引けるかを分析してください。チャネルが引けたら、エントリーの場所、損切りの場所、利確の場所をあらかじめ想定しておいて、トレードに臨みましょう。

チャートの右側は誰にも分からないですが、チャートの右側を予測してトレードするというが大切です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP